雨の日の話

2018.06.11

雨の日の話

みなさ~ん、こんにちは!

連日の雨と気温差のせいか、体調やられ気味の兼山です(*´з`)

 

 

ということで今回は、真面目な(?!)ブログをお届けしようと思います!

 

関東もついに梅雨入りし、台風の影響もあって雨、雨、雨・・・;;

 

 

 

(※画像は雨も滴るいい新人、小島先生です。)

 

 

みなさんは体調、大丈夫でしょうか?

 

人間のからだは細胞で出来ています。

細胞は袋のかたちをしており、

低気圧になることで、通常より細胞が膨らんでしまします

 

すると、まわりの神経や血管を圧迫し、それが原因で

 

 

■頭痛

□肩こり

■腰痛(ギックリ腰)

□寝違え

■全身のだるさ

□脚のハリ

 

 

(※ギックリ来てしまった小島先生。)

 

など、様々な症状を引き起こしますΣ(´Д`川)

 

ギックリ腰や寝違えが癖になっている方も、この時期は特に要注意です!!

症状が悪化してからだと、治療が長引くことがあります(´・ω・`)

早めのケアが重要です!!

 

 

また、今年は特に気温差が激しいですよね(>_<;)

こういう時は「自律神経」が乱れがちです!

 

 

自律神経が乱れることで

 

■冷える

□おなかの調子が悪い

■コリ感やハリ感が強くなる

□疲れやすい、だるい

■イライラする

□生活リズムが崩れる

 

 

(※頭痛に悩まされ、イライラする小島先生。)

 

などなど、色々な症状が出てきます。

自覚症状が無いことも多いので、注意が必要です!

 

 

マッサージすることで身体をリラックスさせたり、

 

腸もみ耳つぼカッピングなどで自律神経を整えてあげることが重要になってきます。

 

「これ関係ないかも?」と思うような事でも、

実は深く関係している場合がありますので、何でもご相談下さいね(^^)♪

 

 

また、雨の日は院内が空きやすいですが、

上記にも書いたように、低気圧になっている時こそ治療が必要です!!

 

 

足元に気を付けてご来院ください(*^-^*)



スタッフ 兼山 真奈美